よくあるご質問

低体温症&熱中症

低体温症候群(ハイポサーミア)と熱中症(ハイパーサーミア)

2012年11月10日

 ●低体温症(ハイポサーミア) 


▼水(海水)が、人間の体温を奪う速度は、空気の25の速度ですよく、海で遊ぶ子供たちや、まれに大人でも唇が紫色になって夏の炎天下のしたでふるえている人をみかけます、あれが低度の低体温症の状態です。

その程度であれば、身体を休めて太陽にあたればすぐに改善されますが、この低体温症が中度、重度な状態になればそのままにしておけば命の危険があります。

 

●対応

とりあえずどんな方法でもよいので、身体を温めるようにして、暖かい甘い飲み物をゆっくり与える。コーヒーやお茶の類いを与えると、利尿作用で脱水症状を起こし易くなります。

●対策

ウエアの選択を水温・気温に適したものにしましょう。

Tシャツ等の「綿製品」は水を吸いやすく乾きにくく、濡れたままの状態でいた場合は体温を奪います。

乾きの早いラッシュガード等のナイロン製品を着用しましょう。

濡れたまま風に当たると海中と同じくらい冷えるので、ウインドブレーカー等を着ましょう。

また、シュノーケル等で海中に長く潜っている場合は、ウエットスーツが有効です。


●熱 中 症(ハイパーサーミア)
低体温症の逆の症状で、体温が一定以上上昇したときに発症する症状であり、手当ても逆の身体を冷やすという対応になるが、身体を冷やすために飲み物を与えるときは、塩分の補給も同時に行う必要があるこれは、汗による体温調整時に対外に排出されて、塩分の不足を補う必要があるためである。

 対策

日蔭のない海岸は「砂漠」と同じ、熱中症にかかりやすい。こまめに水分を取り、ビーチパラソル等の日陰で休もう。帽子をかぶり、長そで長ズボンで皮膚が直接太陽にあたる部分を少なくし、体温の上昇を抑え、熱中症を予防しましょう。