服装

服装と持ち物

服装と持ち物

ウエア着用例
20150519135208.JPG

 ■水着
・女性の方はセパレートタイプがお手洗いの際便利です

■タオル
首にハンドタオルを巻いておくと日焼け対策になります。
ツアー終了後に温水シャワーがありますバスタオルもご用意ください。

■化繊のTシャツ(綿以外のもの、ラッシュガードなど)
綿は濡れると体温を奪います。
綿製品以外のシャツや肌寒い時期なら薄手のフリースなどが最適

ウィンドブレーカ
ーもしくはレインウェアー
・パドルから滴る水やカヤックにあたる波などで濡れます。必ず防水加工されているものをご用意ください。


特に夏季は
・帽子、サングラス、日焼け止め、長そで
 (ラッシュガード)は必需品です。※女性の方は日焼け防止のため、薄手の手袋もお勧めします。

■濡れても良い靴
(¥300でレンタルシューズもあります。事前予約要)
・かかとの固定されていないサンダルは、すぐに脱げるので岩場を歩く際危険です。
・スニーカーの様な紐靴やウォータースポーツ用シューズがベスト。
  ※履いて来る靴とは別の靴をご用意下さい。

■つばのある帽子、サングラス等(日差しがきつい為)

■メガネバンド(メガネの方)

■水中ゴーグル(コンタクトの方)
・コンタクトの方は流れる危険性が非常に高いので、使い捨て等をご用意下さい。

■保険証(コピーでも可)
・確認はしませんが、緊急事の為に必ずお持ち下さい

■ジャージ上下(ラッシュガードやウエットスーツでも可)
・動きやすく、綿製品以外の物であれば可 ※ジーパンは不可

■その他便利なもの
・日焼止クリームも忘れずに(曇りの日でも必要)
・スマホの防水袋(極力持っていかない方がベスト)
・使い捨て等の防水カメラがあれば、記念に写真が残せます。
・記念写真はスタッフが撮影します。無料でダウンロード可能、店舗LINEで写真のダウンロード先URLをお送りします。