和歌山・湯浅の周辺観光

食べ歩き

湯浅周辺の美味しいもの案内

「キッチンあずき」
PA210006.JPG

湯浅で美味いお酒を飲むなら、「キッチンあずき」
地元の日本酒、焼酎、生ビール、
ウィスキー、ワイン、を揃えている。
美人の女将が作る日替わりの惣菜は
とても美味しくて、お酒のおつまみに
ピッタリ。その他のメニューも盛り沢山で、
価格もリーズナブル。心もお腹も大満足。

 

PA210002.JPG

奥には20人まで入れる座敷があり宴会等、
グループでの利用もできます。

営業時間 : 17:30-22:00 定休日:日月火 TEL0737-64-0530

アクセス : 国道42号線交差点「湯浅」を白浜方面へ約50m進み右側


----------------------------------------------------

カフェ&レストラン九沓(くぐつ)
20140929061929.jpg


シンプルな店内は、落ち着いて食事を楽しめます

メニューは定食をはじめ、ボリュームたっぷりの

エビフライ、とんかつ、チキンカツ等々とても

美味しく、お値段もリーズナブル。

田舎(失礼)にしては味にこだわっていて、

食通も満足できると思います。


カフェ&レストラン九沓(くぐつ)

TEL:0737-52-8000 営業時間:11:00-15:30,17:30-21:00 定休日 : 月曜

アクセス:有田ICより白浜方面へ国道42号線に合流、最初の陸橋を左折、熊井交差点を右折、最初の四辻の左側

----------------------------------------------------

訶群犠ε
t-3.jpg

地元辰が浜産の太刀魚を骨ごとすり身にした

「ほねてん」をはじめ、厳選した素材を

使用した「かまぼこ」を製造販売しており、

一度食べた人はこのお店のファンに

なるでしょう。

訶群犠ε

和歌山県有田市宮崎町2413 Tel 0737-83-2428

----------------------------------------------------

紀州湯浅名物 しらす丼 
   つれもって食べよら湯浅のしらす丼
  
和歌山で水揚げ量No1をほこる湯浅の名物しらすをつ
   かった「しらす丼」をご紹介します

20120614154248.JPG

 

しらすには、その処理の過程で3つに分類されています、一つ目は上の
何も手の加えられていない「生しらす」、二つ目に、生しらすを釜あげ
した「釜揚げしらす」、三つ目は、釜あげしたしらすを天日にほした「ちりめん
そのうち「しらす丼」につかわれるのは、「生しらす」と「釜揚げしらす」です。


湯浅では、町内の13の店舗を厳選し「食べ歩きMAP」を作成し、案内をしています。

しらすの栄養素、美味しい食べ方等を下記に紹介しています。


シラスの七不思議

http://www2.w-shokokai.or.jp/yuasa/bussan/sirasu/sirasu.htm

sirasudon1-1_1.jpg

------------------------------------------------

今回は、そのなかから、湯浅駅前にある、2店舗を紹介します。
まず、1店舗目は、「海ひこ」。
こちらは、営業をはじめて33年お店です、場所は、湯浅駅より線路
沿いの道を南に下った角を曲がってすぐのところにあります。
5345038l.jpg

sirasudon.jpg

    ●営業時間 11:30〜15:00/17:00〜21:30
   ●定休日   月曜日(但し祝日の場合は翌日火曜日)
   ●TEL     0737-63-4728
   ●和歌山県有田郡湯浅町湯浅1128
   
●しらす丼  ¥650
   ●しらす定食 ¥1000
------------------------------------------------
つづいてのご紹介店舗は、「かどや食堂」、名前の通り、角にありから「かどや
食堂」こちらのお店は、「しらす丼」8年の伝統、湯浅町で最初に「しらす丼」を
はじめた、お店になります。
見た目も味もこれぞ「しらす丼」という感じです。
kadoya_1.jpg

                  刺身&しらす丼
sasimi.jpg
   ●営業時間 11:00〜14:00/17:00〜22:00
   ●定休日   不定休(但し昼は毎日営業)
   ●TEL     0737-62-2667
   ●和歌山県有田郡湯浅町湯浅1109-1
   
●しらす丼         ¥700
   ●刺身&しらす丼     ¥1200
   ●しらす丼&うどんセット ¥750

それぞれのお店の前には目印として下の暖簾が店先にでています
お店を探すときの目印にしてください。
BDlb87S7.jpg
 

-----------------------------------------------------

         手打ち蕎麦 玉 谷

玉谷は、大阪の名店で修行を積んだご主人が、郷里である湯浅に
もどられ、開店したお店です。
店は入り口右側に手打ち用のそば打ち場、一階で4人掛けのテー
ブル数卓というこじんまりとしたお店です。
0004_1.jpg
蕎麦は冷たいのは、ざる、天ざると種類が少ないですが、熱いのは
10種類以上もある。
ミセス・ミスは温かいやまかけがおすすめです。
0000.jpg
五目蕎麦
いろいろな具がたっぷりはいったお蕎麦

0003_1.jpg
山かけ蕎麦    

●住所:湯浅町湯浅1671-11
●電話:0737-63-3601
●営業:11:30〜14:00、17:30〜21:00
●定休:不定休

お値段(抜粋)
五目蕎麦  ¥800
天ぷら蕎麦 ¥900

 

-----------------------------------------------------

        YakiToRi
湯浅の夜の隠れスポット、お店そのものはあまり広くないのですが
養鶏場直営の焼き鳥屋 紀州ウメ鶏や紀州鴨を使用。
朝引きの新鮮な鶏が美味、焼き上げるのはもちろん紀州備長炭
置いてある醤油は、もちろん湯浅の醤油。
 
img_76026_6776372_2.jpg
その焼き鳥の味は絶品、一度食べると病みつきになりおいしさです。

開放的なお店
 img_76026_6776372_1.jpg

img_76026_6776372_6.jpg


生つくねと鶏のカルパッチョ
20120630174624_1.jpg20120630174624.jpg

・焼き鳥 120円〜  鶏刺し5種盛り合わせ1200円

和歌山県有田郡湯浅町湯浅3007
TEL: 0737-63-6455
            営業時間:17:00〜24:00 定休日水曜日
    

                                             
MAP画像クリック
img_76026_6776372_2.jpg 

------------------------------------------------------

紀州湯浅の特産品・名産品紹介 
湯浅の特産品・名産品として誰もがすぐに頭に思い浮かぶのが、順番
はどうあれ、「醤油・味噌・しらす・みかん」だとおもいます。
旅のおみあげに、お手軽な、お値段で買えるお店をご紹介します。

               
「前福のしらす」
 創業明治三十六年を誇る、湯浅のしらすを販売しているお店です
vnjeS9AE.jpg


item_img.jpg
roots_mf_00043-l.jpg
roots_mf_0002-l.jpg
●和歌山県有田郡湯浅町栖原407
●0737-63-3156
●営業時間 平日(月〜土)9:00〜17:00
 日曜定休日

商品(抜粋)
●釜揚げしらす500g ¥2,700
●しらす丼セット    ¥4,400
●かえりちりめん500g¥2,079
 
     
-------------------------------------------------------

               湯浅醤油

湯浅は日本の醤油発祥の地としてその名が有名です。
その湯浅に軒を構える創業明治14年の丸新本家。
こちら丸新本家では醤油・金山寺味噌の販売と醤油・味噌造りが
見学できる「九曜蔵」があります。
醤油は味噌をつくる過程で「樽に溜まった液」がたまりしょうゆ、と
なって全国に広まったものがその始まりです。

01-dsc_0157e6b9afe6b585e986a4e6b2b9.jpg


         丸新本家お勧めの「九曜むらさき」
2009-murasaki500.jpg
 
kinzanji400taru-2009.jpg2009-tokujubai420.jpg
   ●和歌山県有田郡湯浅町湯浅1466-1
   ●0120-345-193
   ●営業時間 
   
   商品(抜粋)
   ●九曜むらさき 500ml         ¥1,500
   ●うす塩味金山寺味噌 270g ¥760
   ●紀州南高梅(白干梅) 300g  ¥1,000


 
-----------------------------------------------------------

湯浅のみかん

下の一覧のように「みかん」といってもいろいろな種類があり
季節ごとに収穫できるものが綺麗に分かれているんです。
ハウス栽培できる「温州みかん」を除き、それぞれがほんの
すこしづつ時期をずらしているのが良くわかりますね。
 
wakayama_01_07.jpg
湯浅特産
 温州みかん

 年間で賞味可
 
 
温州みかんの代表的ブランド
「有田みかん」の本場湯浅町
は、秋ともなれば周辺の山々
が黄金色の染まる程、みかん
の生産が盛んな郷です。
(ハウス栽培も含む)
 
wakayama_01_08.jpg
湯浅特産
 「伊予柑」

12月下旬
 〜2月上旬
 
 湯浅産伊予柑は、甘くておいし
い味・新鮮で豊かなな色・季節
の旬の香を醸す、三拍子揃った
人気の柑橘です。
 
wakayama_01_09.jpg
湯浅特産
 「八朔」

1月上旬
 〜2月中旬
 
湯浅産八朔は、独特の食感と
味が人気の柑橘です。果皮や
果肉が紅く、甘味が濃いのも
特徴です。海岸沿いの段々畑
では、ほとんど霜の降りるこな
が無く、八朔を樹上で完熟させ
ることが出来、より美味しくなり
ました
wakayama_01_10.jpg
湯浅特産
 「デコポン」

1月上旬
 〜3月下旬 
 
湯浅産デコポンは、味と香とも
に柑橘の王者。段々畑で栽培
するデコポンは、甘味と酸味の
バランスが絶妙で、果皮も剥き
やすく、中袋も気にならず食べ
られます。三宝柑と形が良く似
ていますが、中身は違います。
 
wakayama_01_11.jpg
湯浅特産
 「ポンカン」

1月下旬
 〜2月上旬
 湯浅産ポンカンは、香りも独特
な、甘いオレンジです。皮を手
で剥くことができ、種が無い食
べやすいオレンジです
 
wakayama_01_12.jpg
湯浅特産
 「三宝柑」

3月下旬
 〜4月上旬
 
三宝柑は江戸時代に和歌山
藩士の邸内に偶然発生した
変種で、当時、有田郡出身の
冶宝候の右筆を務めていた者
が、その種の分与を受けて有
田郡内に広ろがり、明治13年
湯浅町栖原に移植され、栽培
技術を活かし、現在では9割以
上が和歌山県で生産され、そ
のうちの2/3が湯浅町で栽培さ
れています
wakayama_01_13.jpg
湯浅特産
 「清見オレンジ」

3月下旬
 〜4月上旬
 
湯浅産清見オレンジは、温州
みかんにトロピタオレンジを交
配して生れた柑橘です。甘さ
と果汁の多いのも特徴で、外
見は黄色ですが、中身はしっ
くりと甘い味です。
 
 wakayama_01_14.jpg湯浅特産
 「バレンシア
   オレンジ」

6月下旬
 〜7月下旬
 
湯浅産バレンシアオレンジは
大変珍しい国産のバレンシア
オレンジです。以前には、国
内でも沢山栽培されたいた果
物でしたが、輸入物が多くなり
最近はなかなか目にかかれな
い果物になっています。外国産
に比べると色が薄く見えますが
中身の味は違います
では、ちょうどいまが盛りの「バレンシアオレンジ」を少しご紹介します。
このみかんは、国産品の収穫がすくなくなってしまい、みかけにくくなっ
ています、「バレンシアオレンジ」の名前の「バレンシア」は、アゾレス諸
島に植えたものをロンドンの苗木商の手を経て1876年アメリカに渡り
スペイン移民のふるさとの名前をとって呼ばれたもです。原産地はアメ
リカのカリホル二ア州サンタアナになります。
このみかん(オレンジ)は、回青現象という、気温があがると、一度熟し
たものが、再度、葉緑素を呼吸して果皮が青く(緑)になってしまい味が
すっぱくなる性質をもっています、そのため、袋がけという作業をして1
個づつ丁寧に栽培されています。
20120701130219.JPG